ホーム 会社案内 業務内容 会社沿革 お問い合わせ

 

2003年 9月12日 会社設立

株式会社ヌーヴェルテックの設立に至るまでの社員及び協力会社の略歴

1967年創立の「ウイトウエーブ株式会社」が現役員の出身母体である。
当時、ビルメンテナンス業務の先駆社である「日本ビルサービス株式会社」と「ウイトコ株式会社」の出資によってウイトコの“ウイト”とマイクロウエーブの“ウエーブ”との合成語によって誕生した社名である。
“ウイト”と云う言語は重きをなすという意味の“ウエイト”を連想させ、また当時のドライな風潮へのアンチ・テーゼとしての“ウエット”にも通じるとして好評を得た。
さらに対外的にも、カタカナ名の会社は、今様に云えば“超お酒落”であった。
当時の業界としては印象度は抜群であり、まさに一石二鳥のネーミングであった。

当初、米軍の無線通信システム調整、防衛庁のマイクロ無線定期修理等、各地における調整試験に従事、海外におけるマイクロ波 無線通信システム新設に伴う技術者派遣が相次いだ。
1965年5月に日本電気工事株式会社(現NECネッツエスアイ株式会社)より指定工事業者の認定を受け、以来、事業領域を建設工事面に拡大を計り、国内、海外でのマイクロ波通信システム事業に大きく寄与する事となった。
その海外派遣先は70カ国余に及びエンジニアとしてのプロ意識を遺憾なく発揮して仕事を成し遂げ与えられた使命と完成までの責任感を培ってきた。
このことが我が社の社風として、今でも先輩から後輩へと引き継がれている。
通信技術のプロ集団として、NEC関連会社とのパートナーとして、下記業務において1976年ウイトウェーブ(株)より日本通信エンジニアリング(株)へ社名変更。その後2003年8月末日解散に至るまで活躍。

通信工事

 

―衛星通信システム工事
―防災行政無線システム工事
―マイクロウエーブシステム工事
―移動通信システム工事

通信用付帯設備工事

 

―通信機械室・空調設備工事
―通信機械室への改造工事

通信線路工事

 

―LAN工事・情報処理設備工事

通信・情報処理システムサービス業務

―電子交換機の保守

以上の歴史でも明らかなように、電気通信システム事業全般にわたり長年培ってきた豊富な技術を基に技術者集団として、新しい情報化時代のニーズに対応すべく有志一同通信関連総合エンジニアリング会社として、株式会社 ヌーヴェルテックの設立に至る。
【フランス語のNOUVELLE VAGUE l新しい波】と(旧)ウイトウエーブのウェーブ、マイクロウェーブ等の技術継続及びフランス語のNOUVELLE VAGUEを起こす技術集団として株式会社ヌーヴェルテックと命名する。

2005年 7月22日 特定労働者派遣業務認可

2005年 9月 1日 日本電気システム建設メディアサービス(株)(現NECネッツ
            エスアイ・サービス(株))との『工事請負基本契約』、『派遣
            基本契約』締結

2006年 4月19日 電気通信工事業認可

2006年11月 1日 NECネッツエスアイ株式会社との『工事請負基本契約』、
            『派遣基本契約』締結

2007年12月 7日 日本電気株式会社との『工事請負基本契約』締結

2011年 4月19日 電気工事業認可

2013年 9月 1日 NECエンジニアリング株式会社との『工事請負基本契約』締結

2015年 3月 1日 NECエンジニアリング株式会社との『派遣基本契約』締結
            (現NECプラットフォームズ(株))

2018年 3月 1日 労働者派遣事業認可